2016年05月20日

京街道 その1 36

淀古城跡から淀小橋跡まで戻ります。
スーパーマーケット・ツジトミ屋の裏の砂利道を通って、やけに広い府道125号を横断すると淀駅。
18:30ここで本日の旅はおしまい。
画像
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 京街道 その1

2016年04月28日

東海道五十七次伏見宿 10

いよいよお目当ての市指定名勝勧修寺庭園。
画像
平安時代以来という氷室池を中心とした池泉回遊式の庭園。
かつてはもっと広かったけど、豊臣秀吉の伏見城築城の際に、新道建設のために埋められ、現在の大きさになったそうです。
休憩がてら庭園をのんびり眺めようと思っていたのに、見どころが多くてコマネズミのように歩き回って、休憩にはなりませんでした。(^-^;

さて、勧修寺の寺号は「かじゅうじ」。
勧修寺の所在地である勧修寺仁王堂町の勧修寺は「かんしゅうじ」。
ややこしい。(+_+)
しかも、「勧修寺」が頭に付く冠称地名が、勧修寺仁王堂町を含めて29カ所もある!
ややこしい。(+_+)

2016年04月24日

東海道五十七次伏見宿 09

勧修寺の続きは、市指定有形文化財の宸殿(しんでん)・本堂。
宸殿は延宝4年(1676)造営の明正院御所御対面所で、元禄10年(1697)に下賜されたものです。
付書院を備えた書院造ということで、境内に書院が2棟ある?
画像
本堂は寛文2年(1662)造営の仮皇居内侍所(ないしどころ)仮殿の旧材を利用して、寛文12年(1672)に建築されました。
画像

2016年04月23日

東海道五十七次伏見宿 08

勧修寺は醍醐天皇の勅願寺で、昌泰3年(900)母藤原胤子(ふじわら の いんし)を弔うため、胤子の母の実家である宮道(みやじ)家の邸宅を寺に改めたのが始まり。
鎌倉時代に門跡寺院となり、山階門跡とも呼ばれています。
文明2年(1470)に兵火で焼失して衰退。
江戸時代に徳川家と皇室の援助によって復興されました。

門跡寺院だけに、境内には文化財がいっぱい。
まずは書院。
画像
延宝元年(1673)より建てられた後西院御所の旧殿で、貞享3年(1686)に下賜されたものです。
国指定重要文化財。
書院前の庭にある燈籠は、徳川光圀の寄進と伝えられ、「勧修寺型燈籠」と呼ばれています。
個性的なスタイル。
画像

2016年04月10日

柏尾通り大山道 その1 45

名前のない交差点(長後の辻)を右折すると小田急江ノ島線の踏切。
14:20長後駅入口交差点が本日のゴール。
交差点右手に仙元塚。
画像
仙元塚=浅間塚=富士塚が商店街にあるなんて!
今は「仙元大菩薩」と刻まれた碑が置かれているだけだけど、富士塚のある風景なんて見てみたかったな〜。

2016年04月01日

柏尾通り大山道 その1 44

坂を上がった突き当たりは長後商店街。
画像
突き当たりの道は東海道藤沢宿と甲州道中八王子宿を結ぶ滝山道で、長後商店街のある繁華街は長後宿。
藪鼻(やぶはな)宿とも呼ばれていました。
すぐ近くに小田急江ノ島線の長後駅があり、以前は長後街道を走る戸塚〜長後のバスの本数も多かったので、子供の頃はよく訪れていました。

しかし、平成11年(1999)南隣の湘南台駅に横浜市営地下鉄・相鉄いずみ野線がつながってターミナル化すると、長後街道のバス便が激減して、最近はご無沙汰。
久しぶりに長後商店街を訪れると、今や藤沢町田線の抜け道と化して、車がビュンビュン走っておっかない。
安心して買い物ができる環境じゃないと、商店街がもっと寂れてしまう…。

2016年03月31日

柏尾通り大山道 その1 43

しばらく真っ直ぐの長後街道を進みます。
長後小学校入口交差点手前の左カーブで左に旧道。
大山道は長後街道に合流してからものすごい蛇行しているので、旧道を探検しているみたいで面白い。
国道467号に出ます。
愛称は「藤沢街道」だけど、以前は県道41号藤沢町田線で、知らないうちに国道になっていました。
おらは今でも「藤沢町田線」と呼んでいます。

しかし、大山道が正面に見えるのに、国道467号には横断歩道がない!(>_<)
左手の歩道橋か右手の長後小学校入口交差点で渡らなくちゃいけないんだけど…おっ!たまたま車が途切れたので走る!
よい子は真似しないで!(^-^;
高倉庚申堂を横目に信号のある交差点で長後街道を横切ります。
画像

2016年03月25日

星の谷道 その1 02

弘明寺仁王門の右側に文政元年(1818)製の百番供養道標が置かれています。
画像
保土ヶ谷道を歩いた2004年にはなかったのに、今は門前にカーテンゲートが設置され、道標との間が狭くなって、道標の撮影が大変。(>_<)

さて、星の谷道は弘明寺から戸塚区平戸まで、2通りのルートがあります。
仁王門の右手から北回りの六ツ川回り&左手から南回りの別所回り。
まずは六ツ川回りで、6:50出発。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 星の谷道 その1

2016年03月21日

星の谷道 その1 01

保土ヶ谷道(金沢道)歩きで訪れて以来、実に久しぶりの弘明寺(ぐみょうじ)。
当山は板東三十三所観音霊場第14番札所。
寺伝によると、養老五年(721)インドの僧:善無畏(ぜんむい)三蔵法師が渡来した際に開創されました。
本堂は明和3年(1766)に再建されたもの。
本尊の木造十一面観音立像(弘明寺観音)は平安時代中期の作で、国指定重要文化財となっています。
歩く前にお参りしようと思ったら、時間が早すぎて本堂が閉まっている。(>_<)
画像
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 星の谷道 その1

2016年03月19日

星の谷道 その1 はじめに

10年前に柏尾通り大山道を歩きました。
地元の道です。
大山道は生活道路をつないでいるので道標が多いのですが、その中に「ほしのや道」の道標がいくつかあります。
調べてみると、坂東三十三観音の巡礼道で、横浜市南区の弘明寺観音と座間市の星の谷観音をむすびます。
こちらも地元の道ですが、道筋が分からないので放っておきました。
しかし、最近分かりやすい資料と出会ったので、いよいよ歩きます。

歩行日:2015年12月 6日
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 星の谷道 その1