2017年02月20日

益田家のモチノキ

新聞の横浜版に、県指定天然記念物の「益田家のモチノキ」が所有者の意向で伐採された、という記事を見て、東海道戸塚宿の柏尾を訪れました。

益田家は国道1号(旧東海道)の不動坂交差点の近くにあります。
天然記念物のモチノキは2本あって、道路側の幹がT本の雌株と、奥の根本から二股に分かれて2本に見える雌株です。
記事になったのは、二股に分かれている方の幹が1本伐採されました。
二股のもう1本は、枝を落とされているものの、辛うじて残っています。
k170220a.jpg

モチノキを植えていた益田家は土地を手放していて、今は土地の所有者が変わっています。
土地が広いので、きっとマンションが建つんでしょう。
天然記念物のモチノキはどうなるんだろう?と気にしていましたが、やはり切られてしまう運命なのか?
昨年「益田家のモチノキ」を残して庭の木が伐採されたので、Xデーが近づいているのかな?とドキドキしていました。
おらとしては、長きにわたって東海道を見守っている古木なので、残してほしいな〜。
k170220b.jpg
(今回撮ったモチノキ 枝が剪定されています)

k170220c.jpg
(2016年のモチノキ)

「益田家のモチノキ」を知ったのは、2001年に東海道を歩いた時。
それまでは、不動坂交差点から保土ヶ谷方面に車で移動する時に、右手に森があるな〜という認識でした。(^-^;
そんなわけで、今までモチノキの写真を撮ったのが、東海道の2001年、柏尾通り大山道の2005年、ホントに歩く東海道の2014年、庭の木が伐採された2016年、そして今回2017年の5回です。
2001年・2005年・2014年の風景はそれほど変わらないので、2014年・2016年・今回の写真を載せておきます。
奥の二股の株が伐採するつもりで枝が剪定されているので、今年のモチノキは緑が少なくなっていますね。
k170220d.jpg
(国道1号(旧東海道)側から 2014年)

k170220e.jpg
(国道1号(旧東海道)側から 2016年)

k170220f.jpg
(国道1号(旧東海道)側から 今回)

k170220g.jpg
(敷地入口から 2014年)

k170220h.jpg
(敷地入口から 2016年)

k170220i.jpg
(敷地入口から 今回)
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記帳