2013年01月20日

山の辺の道 その1 おしまい

ホテルに帰って、何食べようか?と、
JR奈良駅前の信号でボーッとしていたら、「びっくりラーメン¥180」の看板が!
大阪の会社でラーメン一番(奈良市大宮町1-1-12)茶屋JR奈良店。
以前ニュース番組で特集していたけど、関東に進出してほしいな〜。
画像
しかし、ラーメンだけじゃ物足りないので、ギョーザ&ライスを追加した「得々セット」で480円(税別)!
ギョーザとライスはう〜む…だけど、ラーメンはあっさり醤油味の中華そばをムシャムシャ。
充実。\(^-^)/

馬井手橋→石上神宮の所要時間 6時間00分(休憩除いた正味時間 5時間20分)
万歩計Rの歩数 28,032歩
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2013年01月19日

山の辺の道 その1 19

まだ午後4時なので昨日の敵を取りに世界遺産薬師寺へ向かいます。
受付に着いたのが16:30で、「5時で閉まるのでお代はいらない」というのでありがたいことです。
天武天皇と持統天皇の愛の結晶だけに、受付にも愛があるハート(トランプ)
ちょっとせわしないけど来てヨカッタ。
ぐるぐる回って写真パシャパシャ。
画像
充実。\(^-^)/

しかし、相変わらず脚が痛いのでまた薬ヒグチ屋奈良本店で湿布を買います。
今回は冬用の暖かい靴を履いてきてしまい、靴の中で足が汗かいて滑るのか?
マメもできてしまい、もうボロボロ…。(T-T)
旧道自体の距離は約12.1kmだけど、その前後の桜井駅から天理駅までを加えると約15.9km。
桜井駅→馬井手橋は計測していないけど、石上神宮→天理駅の歩数が3,456歩なので、何だかんだと推定34,286歩も歩いています。(^_^;
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年12月30日

山の辺の道 その1 18

石上(いそのかみ)神宮の神聖な静けさの中でしばらく休憩してから天理駅へ。
K51を右折して、桜並木を下り布留交差点を左折。
さすが天理教の町。
施設はデカいし、人はウジャウジャ、屋台も並んでいる。
天理本通商店街はアーケードが長くて1km近くあり、天理教信者の黒いハッピ姿が行き交う。
駅前広場も広く、ゆうゆうコンサートができそう。
画像
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年12月23日

山の辺の道 その1 17

R25をくぐって山道に入ると、だんだん寂しくなってきます。
森を抜けると式内社石上(いそのかみ)神宮。
何故か牛のブロンズがあります。
国宝があり由緒ある神社なので、さっきの大神神社並の人込みを想像していたけど、
先に着いて休んでいる旅人1組しかいない…。
う〜む、呆気にとられちゃう。
おらの前後を歩いていた旅人たちはどこ行った?

15:05今日の旅はここで終点。
国宝の拝殿でお参りします。
画像
永保元年(1081)白河天皇が鎮魂祭のために平安京大内裏の神嘉殿を移築したもので、現存する拝殿では最古のものです。
まだまだ文化財の数は多いので、詳しくは地元の方にお任せします。(^_^;
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年12月02日

山の辺の道 その1 16

茶屋を出て右折すると石畳!
画像
そして、かなりの急坂!
脚が痛いので茶屋で休憩しておいてヨカッタ。
果樹園の中の獣道のような旧道を通ると左手に本堂池。
釣り人が2人。

永久年間(1113〜18)に鳥羽天皇の勅願によって創建されたという内山永久寺跡。
「大和の日光」と呼ばれ、往時は賑わっていたそうだけど、今はひっそり。
芭蕉句碑(本名の宗房号の句)があるけど、大伽藍だった寺も、世捨て人の夢のあと。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年12月01日

山の辺の道 その1 15

板壁の民家が並ぶ乙木(おとぎ)の集落を抜けると夜都伎(よとぎ)神社があります。
式内社で茅葺きの拝殿がイイ感じ。
画像

しばらくすると車道に出て右折。
緩やかな坂を上ります。
道標を左折すると左手に峠の茶屋天理観光農園(天理市園原町183)茶屋。
ちょうど休憩したかったんだよ(笑)。
この先が急な“登り”坂のようなので、ソフトクリーム250円を食べながら15分休憩。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年11月25日

山の辺の道 その1 14

ビニールハウスが並ぶ一本道の農道。
画像
前を見ても後を見ても旅人が歩いています。
昨日の「歴史の道」とは大違いで、昔の道を彷彿とさせてイイ感じ。 

竹之内環濠集落に寄り道してから再び一本道。
農家の入口に1パック100円の苺が山積み!
安い!
すれ違う旅人が申し合わせたように苺をぶら下げている訳が分かった(笑)。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年11月24日

山の辺の道 その1 13

25分の昼休憩の後、長岳寺を出て右折。
黄土色の土壁がある中山の集落を抜けると田園地帯で、柿本人麻呂歌碑があります。
画像
しばらくすると念仏寺で、墓地がルートになっているのでスゴい…。

萱生(かよう)環濠集落は中世の堀が残っていて、大和棟の民家も見られます。
昔は生活を守るってことが大変だったんだね。
集落を過ぎると左手に波多子塚(はたごづか)古墳。
畑になっている…。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年11月10日

山の辺の道 その1 12

13:00長岳寺の庫裏ではそうめんが700円で食べられるので昼食だ!
ちょうど団体客が入っていて、縁側で食べることに。
画像
なかなかの趣き。
山の辺の道は人通りこそ多いけど、食事のできるところは少ないので、長岳寺みたいな場所はありがたい。
昨日の反省で休憩を小まめに取らないといけないんだけど、今日も歩きづめ…。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1

2012年11月04日

山の辺の道 その1 11

黒塚古墳の約35分の寄り道を終え、サークルK茶屋でPET飲料を購入。
トレイル・センターは高校生軍団でいっぱいなので長岳寺へ進みます。
天長元年(824)淳和(じゅんな)天皇の勅願で空海によって創建された古刹です。

参道には平戸ツツジが咲き乱れ、国指定重要文化財の鐘楼門は観光客が多くて、撮影が順番待ち…。(^_^;
鐘楼門の周りは人だかり
境内の浄土式庭園にはツツジのほか、アヤメ・オオデマリなども咲いていて、写生している人が多い。
苔生した石仏があったり、なかなかイイね。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 その1