2018年06月14日

星の谷道 その1 16

勘九郎地蔵尊は、勘九郎という歌舞伎役者がこの道で身ぐるみをはがされ、息絶えていたのを村人が哀れみ、お地蔵さまを建てて供養したのが始まりです。
初代のお地蔵さまは万治3年(1660)製で、現在は港南区大久保の自性院に移されています。
へぇ、そんなわけで「跡」ということなのね。(+_+)
しかし、移された場所が直線距離で2kmも離れているのでビックリ!
2代目のお地蔵さまは明和9年(1772)製。
道標を兼ねていて、右面に「左 とつか」左面に「右 ぐめうじ」と刻まれています。
この道が戸塚と弘明寺を結ぶ巡礼道ということが分かります。
k180614.jpg
(右から2つ目が2代目のお地蔵さま)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 星の谷道 その1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183544958
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック