2017年12月30日

京街道 その2 09

土手を下りると間の宿・橋本です。
左手に文政5年(1822)製の常夜灯。
小橋を渡ると左手に文政2年(1819)製の八幡宮山道道標があります。
「右八まん宮山道 これより十六丁」と刻まれています。
k171230a.jpg
突き当たりを右折して左折してコキコキと曲がります。
枡形のような曲がり角に明治2年(1869)製の渡船場道標があります。
「柳谷わたし場」「山ざき あたご わたし場」と刻まれています。
k171230b.jpg
堤を越えれば橋本の渡し跡で、往時は大坂まで船で下っていたみたいだけど、対岸の山崎にも渡っていたんだね。
この付近で三川合流して、宇治川が淀川となります。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 京街道 その2

2017年10月22日

京街道 その2 08

八幡市駅前でPET飲料を買って先を進みます。
木津川を渡ると府道13号京都守口線「旧京阪国道」の歩道歩き…と思ったら、何と!歩道がぬゎい!(◎o◎) 
ふぃ〜、しばらく路側帯歩き…。
土手の上に造った道路なので景色はイイんだけど、車が後ろからビュンビュン追い抜いて行くのでおっかない。(>_<)

心細くトボトボ歩いていると、正面に樹齢千年?のクスノキ。
k171022.jpg
この付近で旧道が復帰するのでホッ。
旧道が消滅しているんだからどこ進んでもイイのに、京街道=土手歩きというイメージがあって、わざわざ旧京阪国道を歩いちゃった。
しかし、土手の下の住宅地を歩いた方がヨカッタ…。il||li _| ̄|◯ il||l
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 京街道 その2

2017年09月13日

東海道五十七次伏見宿 21

藤森神社は京街道歩きで立ち寄った御香宮神社と同じように、ご神水不二の水が湧いています。
二つとない美味しい水という意味らしい。
ちょうど水筒の水がなくなるところだったので、ありがたくいただきます。
名水百選には認定されていないけど、冷たくて美味し〜い。
k170913.jpg

帰り際、参集殿で馬が描かれた自販機を発見。
「必勝祈願」と書いてあり、さすが馬の社だと感心していたら、甘い缶コーヒーが飲みたくなって、10分休憩。
絵馬舎が休憩所になっています。
後から知ったんだけど、馬が描かれた必勝祈願の自販機で飲み物を買うと、馬の雄叫びとファンファーレが聴けるそう。
おらは隣の自販機で買ってしまい、二つとないおもろい自販機の御利益をいただけなくて失敗しました。
誰かおらの仇を取って!(>_<)

2017年09月01日

東海道五十七次伏見宿 20

藤森神社の歴史は古く、神功皇后が新羅討伐から凱旋して、兵具を納め、塚を造り、祀った、というのがはじまり。
天平宝字3年(759)現在の伏見稲荷大社の地である藤尾に鎮座(藤尾社)。
その後、永享10年(1438)足利義教が稲荷山山頂の稲荷社を麓の藤尾に移したため、藤尾社が当地に遷座。
近隣の社と合祀されて現在の藤森神社となります。
毎年5月5日に行われる藤森祭は菖蒲の節句発祥と言われ、藤森祭に奉納される駈馬(かけうま)神事が市登録無形民俗文化財となっています。

本殿は正徳2年(1712)に中御門天皇が宮中にあった賢所(かしこどころ)を移築させたもので、国指定重要文化財。
末社の大将軍社&八幡宮社も国の重文で、ともに藤尾社がこの地に遷座した永享10年(1438)に足利義教が建立したものです。
境内には宝物殿もあり、さすが古社だけにお宝がいっぱい。
k170901.jpg
(藤森神社本殿)

2017年08月26日

東海道五十七次伏見宿 19

風情のある尾根道はJR奈良線を越えると何の変哲もない十字路。
十字路を左折するとJR藤森駅で、駅名にJRと付くのは珍しいですね。
東海道は十字路を右折して下り坂。
京都教育大を過ぎると藤森神社があります。
k170826.jpg
今まで社号の藤森を「ふじもり」と思っていたけど、「ふじのもり」なのでビックリ!
さっき勧修寺で「ふじの森」と刻まれている道標があったけど、江戸時代は「ふじのもり」と呼ばれていたんだ〜と感心していたら、今でも「ふじのもり」なのね…ガクッ。il||li _| ̄|◯ il||l

社号が藤の森なので、季節は過ぎてしまったけど、社叢が藤でいっぱいなのかと思いきや、何と!藤はない!(◎o◎)
参道にはアジサイがたくさん植えられていて、紫陽花の宮として有名みたい…ガクッ。il||li _| ̄|◯ il||l

2017年07月31日

星の谷道 その1 12

ひたすら上ると視界が広がり、みなとみらいが見えます。\(^-^)/
k170731.jpg
ごほうびの景色。
この景色が決め手でメイン道路になったのかな?
しかし、名前のない交差点が標高約26mなのに、この景色のイイところが約74m。
600mほど進むのに50m近くも上るので、生活道路としてはキビシー!
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 星の谷道 その1

2017年07月23日

星の谷道 その1 11

永田山王台入口交差点の次の名前のない交差点で左に旧道。
住宅地の路地をくねくねと進む上り坂。
k170723.jpg
県道である平戸桜木道路も旧道を広げたバス通りだけど、往時メインに使われていたのは、このくねくね坂の方みたいなので、意外。
右手の民家がものスゴく高いところに建っているので、ずいぶんな山道だったような…。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 星の谷道 その1

2017年07月22日

星の谷道 その1 10

定光寺を出るとしばらく平戸桜木道路の歩道歩き。
k170722.jpg
ただ今の横浜の気温は9℃。
手はかじかんでいるし、つぶやきアプリが何度もフリーズして、その度に削除してダウンロードし直すので、ものスゴく不便。(+_+)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 星の谷道 その1

2017年06月02日

京街道 その2 07

貞観2年(860)に創建された石清水(いわしみず)八幡宮はさすが源氏の氏神だけに、南総門が立派。
しかし、国指定重要文化財の本殿は改修が始まるようでシートに覆われている!
ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
だから空いているのかな?
裏の仮本殿(摂社若宮社)でお参りします。
摂社といえど国の重文…だけどガクッ。
k170602a.jpg
社名の元になった湧き水を見学したいと思っていたけど、ガックリして旧道に戻ります。(>_<)
熱田神宮にあったような信長塀(築地塀)もあります。
k170602b.jpg
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 京街道 その2

2017年05月04日

京街道 その2 06

さっそく石清水八幡宮に寄り道。
もう足にマメができているので、無理をしないで京阪八幡市駅から男山ケーブルを利用します。
スタンバっている車両に入ると、車両の横に立っている冷風機「ひえゾウ」の象の鼻に見立てたホースから冷たい風が入って来ます。
生き返る〜。
おらと喜多さん2人だけのガラガラの車両は、あっ!という間に男山山上駅。
少し歩くとエジソン記念碑があります。
k170504.jpg
アメリカでエジソンが白熱電球を発明し、翌年の明治13年(1880)から境内に生えている竹がフィラメントの材料として十数年間輸出されたそうです。
へぇ、竹が光るなんて、かぐや姫の竹?
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 京街道 その2